FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告
ナンカレー 神田店
[店名]ナンカレー 神田店
[所在地]千代田区西神田3-3-7 木村ビル1F
[交通]九段下・神保町駅(東京メトロ、都営地下鉄)、水道橋駅(JR)
[メニュー]インド豆のカレー
[値段]850円
[席数]約20席(カウンター・テーブル)
[水]店員さんに入れてもらう
[福神漬]ナンのため、なし
[ルー]ナンにつけて食べる
[訪問日]平成23年2月25日(金)

11.02.25_ナンカレー_九段北 (3)

店は狭いが、その分インドらしさが凝縮されていそうな感じである。

11.02.25_ナンカレー_九段北 (2)

メニューを見ると、未知の食材に目がいってしまう。
インド豆とは一体何だ? 日本の豆とは違うのか?
一度気になってしまった以上は食べるしかない。
こう考えてしまうのが、食通の性である。

11.02.25_ナンカレー_九段北 (4)

ライスという選択肢もあったが、ナンの方がインド料理っぽいのでナンにする。
ナンは中央部分がやけに膨張していた。
フォークで穴を開けると湯気が飛び出した。
ランチタイムなので、サラダとラッシーがサービスでついてくる。

11.02.25_ナンカレー_九段北 (5)

この時点での私はカレーよりインド豆の方が気になっていた。
スプーンで掬うと、豆の形がはっきりしているのがわかる。
ナンに豆をつけて食べるのは難しいので、豆は豆で食べることにした。
食感は大きくなった大豆という感じである。
このまま食べ続けると、ルーまで全て食べ尽くしそうな勢いである。
適当なところで、辞めておいた。

「大豆は畑の肉です」
小学生の時に、栄養士の先生が教えてくれたことを思い出す。
大豆は肉に匹敵するほどのたんぱく質を含んでいる。
”インド豆=大豆”ではないが、
カレーに入れる具に高たんぱくの食材が多いのは単なる偶然ではないはずだ。

11.02.25_ナンカレー_九段北 (6)

ナンは中がふっくらしていた。
表面を光らせている油が何とも言えない。
熱くなっているので、手でちぎるのが大変だ。
表面を剥がして冷ました。

ナンを一枚おかわりする。
私はいつも食べ始める時に考えていることがある。
ルーを過不足なく消費できるか―。
たいていの店ではルーのおかわりができない。
ルーが無くなって、ナンだけを食べることはしたくないのである。

序盤に豆を食べる際にルーを減らしてしまったのが失敗だった。
しかし、何とかして帳尻を合わせることに成功。
二枚目のナンの最後の一切れで、ルーがちょうど無くなったのである。

私の食事中、テイクアウトの客が何人か店を訪れていた。
ナンなのか、ライスなのかは確認できなかった。
いずれにしても、家や職場でこういうカレーを食べるのはいい気分転換になると思う。

11.02.25_ナンカレー_九段北 (1)

(執筆:NJ)
関連記事
スポンサーサイト
[2011/06/30 09:00 ] | お知らせ | コメント(1) | トラックバック(0)
<<カレーの店 インドール | ホーム | スマトラカレー共栄堂>>
コメント
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
[2011/07/03 16:17]| | # [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。