FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告
スマトラカレー共栄堂
[店名]スマトラカレー共栄堂
[所在地]千代田区神田神保町1-6 タキイ東京ビルB1F
[交通]神保町駅(東京メトロ、都営地下鉄)
[メニュー]ポークカレー
[値段]900円
[席数]約40席(テーブル)
[水]店員さんが様子を見て入れてくれる
[福神漬]赤、既に盛りつけられている
[ルー]自分でかける
[訪問日]平成23年2月18日(金)

サラリーマンが多く行き交う所では、昼時の飲食店はかなり忙しそうに見える。

11.02.18_スマトラカレー共栄堂_神保町 (6)

11.02.18_スマトラカレー共栄堂_神保町 (2)

店に入り席を案内されて、すかさずポークカレーを注文した。
常に店員さんの声が飛び交っており、活気がある。
・・・かといってうるさい訳ではなく、紳士的な雰囲気を感じ取ることができた。

カレーの露払いはコーンスープ。
熱そうだったので、カレーが来てから食べることにする。

11.02.18_スマトラカレー共栄堂_神保町 (5)


ソース(ルーのこと)とご飯は別々に運ばれてきた。
ソースをかけるスプーンと、実際にカレーライスを食べるのに使うスプーンはそれぞれ分けられている。
特に前者は掬いやすい形状を追求したためか、丸みを帯びている。
私はこのスプーンをコーンスープ用と勘違いしていた。
ご丁寧なことに、スプーンは二本ともナプキンに乗せられていた。
(ナプキンにはKYOEIDOの文字)

慣れない店での作法は間違えてしまいやすい。
正面に座っていた人の食べ方をよく見ていたので、大事に至ることはなかった。

11.02.18_スマトラカレー共栄堂_神保町 (4)

ポークカレーといいつつ、肉の見た目はビーフに近い。
眼をつぶって食べたらビーフカレーだと思う人がいるかもしれない。
(あくまでも私の味覚上の問題)
巷でよく見かけるカレーよりも色は濃く、ソースの染み込んだカレーは黒っぽい。

また、一度食べてしまうと気にならないことだが、ご飯の盛りつけかたは綺麗。
昔ながらの洋食屋といった感じの技術である。

11.02.18_スマトラカレー共栄堂_神保町 (3)
(※ソースを完全にかける前。皿にKYOEIDOのデザイン)

福神漬は赤。テーブルの上にはらっきょうもあったが、私は食べなかった。
熱いせいか、辛いせいか、水を二度もおかわりしてしまった。

11.02.18_スマトラカレー共栄堂_神保町 (1)

10月~4月限定で焼きリンゴ(500円)がメニューに登場。
この限定品を注文しなかったことを、今非常に後悔している。
HPによれば、リンゴだけを注文するのはダメらしい。

この店の化粧室は構造がちょっと不思議であった。

(執筆:NJ)
関連記事
スポンサーサイト
[2011/06/29 09:00 ] | お知らせ | コメント(0) | トラックバック(0)
<<ナンカレー 神田店 | ホーム | スパイスキッチン3 御茶ノ水店>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。