FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告
山食(東京都港区/三田駅・田町駅)
慶應義塾大学三田キャンパス (21)

[店名]山食
[分野]欧風カレー
[住所]東京都港区三田2-15-45
[交通]都営三田線三田駅A8出口から約450m。JR田町駅から約600m。頑張れば南北線白金高輪駅も。
[煙草]全面禁煙
[個人/団体]1人でも集団でも(カウンター席無し)
[訪問日]平成21年9月28日(月)

1年ちょっと前のレポートですが、せっかくですので掲載します。文章は訪問当時に書いたものがベースになっています。

慶應義塾大学三田キャンパス (11)
旧図書館

慶應義塾大学三田キャンパス西校舎内の学食「山食」のカレーライスです。このお店は戦前から続く伝統ある学食で、カレーライスは創業当時から味が変わらず、代々の慶應義塾生が親しんできた伝統の味と言われています。

慶應義塾の広報誌『塾 2007SPRING』(No.254)内のコーナー「ステンドグラス」の記事「慶應義塾の「学食」今昔」に次のような記述がありました(ネットでの閲覧も可能→こちら)。

―――

「山食」は戦前からの歴史を持つ。1945(昭和20)年5月、三田は空襲によって大きな被害を受け、食堂の建物も焼失。それでも三田山上で「山食」は塾生に食事を提供し続けた……と言ってもその頃は「山食」という名称ではなかった。創業者のご夫人であり、塾生たちから“山食のおばちゃん”と親しまれた二代目社長である故・塚田幸氏は、当時をふり返って、次のように語っている。

「……焼け跡に寄せ集めのテーブルで、本当に哀れな食堂が出来上がったんです。私、覚えておりますけど、その時に塾生さんが『ここは風が吹くと随分動くね』といって、『まるで山の食堂じゃないか』って。それからだれ言うとなく『山食』というふうになってしまったんです」(『三田評論』昭和60年8・9月号)。当初は塾生の通称だった「山食」だが、現在は正式な名となっている。

戦後、「山食」は1949(昭和24)年に完成した「学生ホール」で営業を始めた。この建物は谷口吉郎設計による木造2階建てテラス式のモダンな建物で、1961(昭和36)年西校舎建設のため、キャンパス北側に移築。1991(平成3)年、今度は北館建設のため「山食」は再びキャンパス西側に戻り、西校舎で現在まで営業している。そのため卒業年次によって塾員が思い浮かべる「山食」の場所は異なる。しかし、創業時から変わらぬカレーライスの味だけは、すべての塾生と塾員、そして教職員が共有しているものだ。

―――

慶應義塾大学三田キャンパス (22)

慶應義塾大学三田キャンパス (29)

塾旗が掲げられていたり、慶早戦の写真が飾られていたりと母校愛の強い、極めて慶應らしい学食なのです。早稲田にもこんな学食があっていいと思います(29号館食堂を改装するとか)。まあ、早稲田の場合は「高田牧舎」が同じような役割を果たしているのかもしれません。

◆メニュー
カレーライス(310円)

慶應義塾大学三田キャンパス (28)

◆量
多い

◆付け合わせ
福神漬け。好みの量を盛り付けられる。

◆ライス/ナン(おかわり)
ライスのみ。

◆辛さ
なかなか辛い。

◆コメント
味は平凡な感じ。特別「あ~、伝統の味だぁ」と感じるようなものではありません。しかし、創業された戦前から変わらない味とのことですので、ある意味その平凡さこそが伝統の味なのかもしれません。

学食ですので一般的なカレー店に比べるとはるかに値段が安いですが、学食の中ではやや高い方です。また、テイクアウトが可能です。

(幹事長 YNY)

※掲載情報は訪問時のものです



スポンサーサイト
[2010/10/22 16:00 ] | 田町・三田 | コメント(0) | トラックバック(0)
カレ衛もん(東京都新宿区/高田馬場駅)
10月17日:カレ衛もん (1)

[店名]カレ衛もん
[分野]欧風カレー
[住所]東京都新宿区高田馬場2-11-9 埼玉ビル1F
[交通]JR・西武高田馬場駅早稲田口から約350m、東西線2番出口から約200m
[煙草]可
[個人/団体]1~4人程度(カウンターあり)
[訪問日]平成22年10月17日(日)

高田馬場駅の近くにありますが、メイン通りである早稲田通りから外れたところにありますのでやや場所が分かりにくいです。店内にはカウンター席が10席弱とテーブル席1つ、店の軒先にもテーブル席がある小ぢんまりしたお店。立地も規模もひっそりしており、なんとなく趣が感じられます。

さすが高田馬場にある店だけあって、学生証提示で学割が適用されます。50円引きもしくは大盛が無料となります(500円メニューなどは適用外)。

創作カレー・特製カレーが沢山あり、バラエティーに富んでいました。

10月17日:カレ衛もん (2)

◆メニュー
カレ衛もんのクラシックカレー ポークカレー レギュラー(500円)

10月17日:カレ衛もん (3)

◆量
普通より微妙に少なめ。

◆付け合わせ
福神漬けともやしを自由に盛り付けられる。

◆ライス/ナン(おかわり)
ライスのみ。

◆辛さ
まあまあの辛さ。
1辛ごとに10円増。30倍以上の辛さまで出来るとのこと。

◆コメント
いずれのカレーも、ルーを以下の2種類から選ぶことができる。

・手作り特製カレー(スパイスの香り立つ)
・ココナッツミルク仕立てのカレー(コクがあってまろやか)

お肉やほうれん草など、具材が多く入っていました。辛さの中に、微妙な酸味と甘さが感じられ、さっぱりした独特の味。ルーにヨーグルトもブレンドされているそうですので、そのためなのかもしれません。なお、本品は学割適用外です。

(幹事長 YNY)

※掲載情報は訪問時のものです

[2010/10/21 23:03 ] | 高田馬場 | コメント(0) | トラックバック(0)
早稲田祭2010に参加します!
早稲田大学東京歴史・グルメ散策会では、平成22年11月6日(土)に開催される「早稲田祭2010」にて、展示『東京歴史・グルメ博覧会2010』を行うことになりました。

本部ブログにて、早稲田祭特設ページを開設しましたのでぜひご覧ください。今後、随時更新してまいります!

(幹事長 YNY)

[2010/10/20 22:36 ] | お知らせ | コメント(0) | トラックバック(0)
café GRACE(東京都新宿区四谷/新宿御苑前駅)
cafe GRACE(四谷4丁目) (5)

[店名]café GRACE
[分野]欧風カレー
[住所]東京都新宿区四谷4-28-20
[交通]新宿御苑前駅2番出口から約330m
[煙草]可
[個人/団体]1~2人向け
[訪問日]平成22年10月12日(火)

32席+α程度の小ぢんまりとした、カレーをプッシュしている喫茶店。訪問時間帯が15時すぎだったこともあり客は少なく、静かな雰囲気だった。

cafe GRACE(四谷4丁目交差点付近) (2)

◆メニュー
グレースオリジナルカレー(850円)

cafe GRACE(四谷4丁目)

cafe GRACE(四谷4丁目) (3)

◆量
追加料金なしだと普通盛で、450gとのこと。私には適量だった。
以下の通り追加料金を払うと、量を増やせる。
 中盛(900g):+150円
 大盛(1.5kg):+250円
 特盛(3kg):+400円

特盛だと普通盛の約6.7倍である。

◆付け合わせ
お好みの量の福神漬とらっきょ。
少々のサラダが付いている。

cafe GRACE(四谷4丁目) (2)

◆ライス/ナン(おかわり)
ライスのみ

◆辛さ
結構辛い

◆コメント
注文して1分もしないうちに出てきた。具は合挽肉。濃厚な深みのある味で、割と辛いが、その辛さの中になんとなくフルーティーな甘さも感じた。非常に美味しく、カレー好きの方はぜひ1度食べることをお勧めしたいカレーだと感じた。ただ、ライスに対して、ルーの量がやや少ないかもしれない。

食後のドリンクがセットになっており、私はオレンジジュースを選択した。

テイクアウトも可能。この場合500円でありお得。曜日毎のトッピングサービスもしており、訪問した際(火曜日)はゆでたまごとのことだった。

(幹事長 YNY)
※データは訪問時のものです。
[2010/10/13 23:00 ] | 新宿 | コメント(0) | トラックバック(0)
カンフォーラ(京都府京都市左京区/出町柳駅)
[店名]カフェレストラン カンフォーラ
[分野]欧風カレー
[住所]京都府京都市左京区吉田本町
[交通]京都駅から市バス、出町柳駅から約1.2km
[煙草]?
[個人/団体]1人でもグループでも可
[訪問日]平成22年9月21日(火)

京都大学吉田キャンパス構内にある、京都大学生活協同組合が運営するレストランです。普通の学生食堂とは異なって、値段の相場が高めのおしゃれな雰囲気のレストランです。

京都大学吉田キャンパス
向かい側の時計台

京都大学吉田キャンパス (2)
カンフォーラ

2人掛け以上のテーブル席のほか、カウンター席もありますので1人でも気軽に入店できます。2人掛けのテーブルに1人で座っている方もちらほら。

京都大学吉田キャンパス (37)
※この写真のみ平成21年9月3日撮影

友達同士やサークルの集まりか何かの学生もいれば、ご年配の方々もいて、大学の正門のすぐ近くにあることから誰でも気軽に訪れられる雰囲気です。

なお、お店のトイレ・洗面所は男女共用で1つしかないため、すぐ近くの時計台の中にあるトイレを使った方がいいかもしれません。

◆メニュー
ビーフカレー(714円)

京都大学吉田キャンパス (3)

◆量
全体的には適量。
ただ、具のお肉が大きいためか、ご飯に対してルーの量がやや少ないかも。

◆付け合わせ
らっきょうと少々のレタスが予め添付されている。

◆ライス/ナン(おかわり)
ライスのみ(白米と五穀の2種から選択)。おかわりは不可。

◆辛さ
やや辛め

◆コメント
カレー好きの尾池和夫・京都大学前総長が監修して誕生したカレーライスで、「総長カレー」として京都大学の名物になっています。ほかに、「シーフードカレー」(682円)と「ステーキカレー」(787円:牛サーロインステーキ120gがカレーの上にのっている)があります。

やはり大学の中にあるレストランだからなのか、赤ワインでじっくり煮込んだというぶ厚い牛肉がゴロゴロしており、ボリューム満点でなかなかジューシーでした。濃厚なルーのコクをより一層引き立てます。

お土産用としてレトルトカレーにもなっており、こちらのお店や生協購買部のなどの京都大学構内のほか、京都駅のJR伊勢丹内、さらにネット通販などでも販売されているようです。

ヒットしているという話を聞いて「総長カレー」の存在を知り、昨夏京都を訪れた際に京大に立ち寄って食べたのですが、その際とても美味しいなと思い、1年たってもその味が忘れられずまたも訪問してしまいました。

(幹事長 YNY)
※掲載情報は訪問時のものです

[2010/10/13 01:08 ] | 京都府:京都市左京区 | コメント(0) | トラックバック(0)
| ホーム | 次のページ>>

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。